らくぼでぃ&ゆめごこちAroma

癒し処 らくふく

主なメニューはボディマッサージ、足つぼマッサージ、アロマトリートメント、ヘッドセラピー。アロマが香る空間で、体だけでなく心もほぐす施術をおこなっている。「すっきり30分」「まったり60分」「しっかり75分」などわかりやすいメニューが特徴で、あまりの心地よさに眠ってしまう人も多数。女性のからだ講座や体にやさしい料理教室を開催するなど、さまざまな学びと交流の場も提供している。

  

BACK

 

オーナーの福本伸さん、潤子さんご夫妻に、お話をうかがいました。

…………………………………………………………………

福本さんが大切にしている言葉(座右の銘)

一期一会

…………………………………………………………………

 

●こちらは、マッサージサロンでしょうか。「らくふく」の由来も教えてください。

伸さん:はい。基本的にはボディーマッサージとアロマトリートメント、全身をもみほぐす施術をおこなっています。2012年までは、太子町の鵤(いかるが)という地域にお店がありました。場所が狭かったため、太子町内で探していたところ、いいタイミングでこの物件が見つかったんです。「らくふく」という店名には、「楽になってほしい」という願いと「福が来ますように」という祈りが込められています。また、私たちの名字が福本なので、「らくふく」というやわらかい響きは合っているなぁと思います。「やわらか夫婦のほっこり空間」というキャッチコピーは、今の場所へ移転した時に、お客さまがつけてくださったもの。また、メニューもWebも看板も、プロではないのですが友人がすべて手描きで書いてくれています。

●「すっきり30分」「しっかり75分」など、わかりやすいメニューですね。

潤子さん:マッサージのメニューはたいてい、30分とか1時間などの時間単位で表記されていることが多いですよね。当店は女性のお客さまが多いので、直感的にイメージしてもらいやすいものにしたかった。安心して来ていただけるように、ネーミングも工夫しています。

●どんなお客さまが多いのですか。

潤子さん:主に、30~40代の女性ですね。働くお母さんの他、独身女性や50代以降の方も来店されます。特におすすめしたいのは、全身をほぐすボディマッサージ60分コース。ほとんどの方が、肩こりか腰痛に悩んでおられるので、その部分だけでなく全身をもみほぐすことによって症状がやわらぐ効果が高いんです。治療院ではないので「次は1ヵ月後に来てください」というようなことは言えないんですが、ひと月に1度くらいの頻度でお越しくださるリピーターの方が多いです。アロマトリートメントの場合は、リラックスして眠ってしまうような施術なので…日々くるくる多忙な女性がご自分のお誕生日に来られたり、「がんばった自分へのごほうびに」「メンテナンスに」と思い思いの理由でご利用になられます。

●ご主人がボディマッサージ、奥様がアロママッサージ、という役割分担なのですか。

伸さん:わかりやすく言えば、オイルを使うか使わないか、という違いですね。僕はもともとサラリーマンで、5年くらい前に仕事をやめてこの道の勉強を始めたんです。彼女はアロマトリートメントを自宅でおこなっていたので、その影響もあったんでしょうね。僕は接客業の経験があって、人に喜んでもらいたいという想いが強くありました。いろんな選択肢の中から、マッサージが一番いいのではないかという結論に至ったわけです。

 

●ご出身は太子町なのですか。

伸さん:僕の実家が相生で、彼女は名古屋。僕も名古屋にいたことがあり、結婚して、こちらに帰ってきました。相生は住んでいる人たちの年齢層が高いので…太子町や姫路の西部あたりで開業したかったんです。太子町の方がお店も多いし、小学校の児童の数やお母さんも断然多いんですよね。知り合いもこちらに多かったので、太子町にお店を開くことにしたわけです。

●奥様は、ずっとアロマのお仕事を?

潤子さん:若いころは、サービス業にたずさわっていました。私自身もストレスを感じやすいタイプで、子どもを産んでから体調をくずしたこともあって…自分の経験を生かしつつ、勉強しながら仕事をしていけたらいいなぁと思ったんです。今は中学2年生の息子がいるので、母と妻と嫁という役割を務めながら、仕事をしています。

 

●やりがいを感じるのは、どんな時ですか。

潤子さん:「受けてよかったわ」とか「これで、帰ったら家族にやさしくできるわ」と言ってくださる時ですね。ご来店時のお顔と、帰られる際の表情が違うと、あぁよかったなぁと思うんです。日本の女性はがまん強いので…言葉数も減り、倒れる寸前の状態で来られることが多いんですよね。ほっとお茶を飲んで「自分にもどったわ」「あのままだったら家に帰りたくなかったわ」と身も心もほぐれて、家庭にもどって行かれるのを見送る時が、幸せですね。その先のことは私たちにはできないので、ご自分でがんばれる状態になるお手伝いができたかな、と思うんです。「あの時はありがとう」と再び来てくださった時にも喜びを感じますね。

●マッサージをすることで、体だけじゃなく、心をほぐしておられるわけですね。

潤子さん:そうですそうです!体と心は一緒なので、体がこわばっている時は気持ちもこっているんです。体から心へアプローチする、というイメージでしょうか。

 

●1ヵ月に1回くらい、マッサージをしてもらうのが望ましいのですか。

潤子さん:そうしていただくのが理想的ですね。特に働くお母さんたちは、時間にも経済的にも制限があるせいか、本当にぎりぎりまでお越しになりません。お薬を飲んだけど効かないから、来てみたとか。その1週間前に来てほしい!と思うことも多々あります。優先順位として、ご自分のことは後回しになってしまうんですよね。だから、でしょうか。アロマトリートメントの施術中は、眠っておられる方が多いです。いま、パソコンを使う仕事をしておられる方が多いため、目の疲れや頭痛、首や肩がガチガチになる…という症状に悩んでおられる女性が多いですね。女性は頭痛持ちが多いですし。現代はパソコンを使うのが普通なので、男性も目の疲れや頭痛に悩んでおられます。

●毎日、心がけていることはありますか。

伸さん:だいたいみなさん、疲れた状態でお越しになるので…僕たちがしんどい顔をしていたらいけないなぁと思うので、いつも笑顔で、心を落ち着かせた状態でお迎えするようにしています。お客さまの体に触らせていただくには、自分たち自身の状態をいかによい状態でキープできるかが重要なんです。

潤子さん:「治してあげよう」と思わないことも、心がけていることのひとつです。治してあげたいと思いがちなんですが、想いが重すぎるとダイレクトにお客さまに伝わってしまい、逆効果になることが多いのでフラットに接したいんですよね。と言っても、絶えず気を抜いている、というわけではなくて。目配り、気配りはしながらも緊張はしない、というバランスを保つんです。100%の状態に保つのはなかなかむずかしいんですけど(笑)。お客さまが来られる30分前には、その方のために、静かな気持ちづくり、場づくりをするようにしています。非日常的な空気を感じていただければいいですね。

●ハーブティーがいろいろありますね。

潤子さん:その方の症状をやわらげるものだったり、その方が求めておられるものをおすすめします。女性ホルモンを活発にして女子力を上げたい方にはローズを、リラックスしたい方にはカモミールなどを、気分で選んでいただきます。甘いものがほしいとか、すっぱいものがほしいとか、特に女性はその時に必要なものが気分にあらわれるんですよね。ボディーマッサージやアロマトリートメントの後はとてものどが乾くので、水分補給にもおすすめです。

 

●自然と、このお店に合ったお客さまが集まって来られている気がします。

潤子さん:カウンセリングシートに血液型を記入していただいているのですが、不思議と、B型の方が多いですね(笑)。せかせかした方はいらっしゃいません。開業から3年たって、このサロンに合う方が何度も来てくださっている気がします。せっかく、わざわざお越しくださるのですから、ほんのひとときでも非日常的な時間を楽しんでいただければ幸いです。そしてこれからもじわじわと広まっていくといいですね。

●この、気持ちのいい音楽は?

伸さん:ヒーリングミュージックです。聞いているだけで眠くなってしまうよ、と言われることもありますし、僕たち自身も眠くなります(笑)。マッサージ中、お客さまが眠ってしまうと、ダイレクトに伝わるのか、こちらも眠くなるのが不思議なんですよね。一緒に眠ってしまうわけにはいかないので、がんばりますが(笑)。「眠ったらもったいない」とおっしゃるお客さまが多いのですが、寝ている時が最もリラックスしている状態なので、マッサージには効果的。どうか、がまんせずに眠っていただきたいですね。施術後のすっきり感がちがいますから。がまんを抜くのも、僕らの仕事です。

●今後、チャレンジしたいことは?

伸さん:移転して以来、スペースが広くなったこともあり、いろんなイベントを企画しています。定期的に開催できているので、参加してくださっているお客さまはもちろん、それ以外の方にも広めていけたらいいですね。「らくふく」の「らく」という言葉を、楽しいという意味で使える場にしていけたらいいなと。楽しい輪を広げていきたいですね。お店の拡大は…今のところはまだ。場が手狭になれば、可能性としてはあるのかもしれませんが、身の丈に合った商売をしていけたらいいなと思っています。

 

ありがとうございました!

 

…………………………………………………………………………………………………………………… 

癒し処 らくふく

住所:〒671-1535 兵庫県揖保郡太子町蓮常寺69-1

Tel:079-275-1927

Mail:yoyaku@iyashi-rakufuku.com

営業時間: 10:00~21:00(最終受付18:00)

定休日:月曜

HP:http://iyashi-rakufuku.com

  

TOP