税務、会計、監査、経営支援

兵庫太和税理士法人

事業に合わせた最適な管理システムの提案や経営計画の作成、経営改善をサポート。約30年以上、太子町を拠点に税務や会計プロ集団として、経営に役立つ高度なサービスを提供し、中小企業の経営を支援している。主な顧客はたつの税務署管内にある企業で、太子町の他、神戸市中央区と長田区にも営業所をかまえている。また、会計を経営に活かすセミナーや人を育てる教育など、さまざまな経営支援セミナーを開催している。

  

BACK

 

代表の吉田正之さんに、お話をうかがいました。

……………………………………………

吉田さんが大切にしている言葉。

我 事において後悔せず

……………………………………………

 

●税理士さんのお仕事は、税金に関わることなのですか。

主には、そうですね。事業には税金というものが常についてまわりますから、さまざまな企業とのおつきあいがあります。個人の場合は…相続が発生した時。相続税がかかるので、そういう時にご依頼があります。また、税金に関わることだけでなく、中期経営計画の策定や経営改善計画の立案をサポートする、経営に関するお手伝いもしています。ある意味、コンサルタント業務だと言えるでしょうね。

 

●経営に大切なことって、何ですか。

企業がどうすればもうかるのかを突き詰めて考えていくと、最終的には「人」なんです。経営者のものの見方、考え方でその企業がもうかるかどうかが決まるんです。だから、学生のみなさんは就職を決める時、その会社の社長さんを見てくださいね。どんな社長なのか、しっかりチェックしてみてください(笑)。

●社長にとって必要な資質は、何ですか。

人それぞれのやり方がありますが、中小企業の場合は何かに秀でていることが大切です。技術面に明るいとか、リーダーシップがあって組織をまとめるのがうまいとか、ものを販売するのが得意だとか、お金のマネージメントがしっかりできるとか、経営者としての意思決定がパッとできるなど、5つのポイントがバランスよくそなわっていないと、経営はうまくいかないんです。とはいえ、それらすべてを社長さんに求めても、無理なお話です。どこかひとつが優れていれば会社はなんとかなりますよ、足りないところを補いましょう、とアドバイスをしています。

 

●会社の経営事情や組織に関わるようなことにも、立ち入っていくのですね。

はい。毎月、担当者が巡回監査をおこなって、経営者さんの悩みに耳を傾けたり、アドバイスのようなカウンセリングのようなことをしています。その際は無理に押しつけると、経営者さんはプライドがあるので反発します。上手に引き出していくことが重要ですね。対話をおこなうことによって目標の達成へと導く、コーチングの手法も大切だなぁと思っています。

●コミュニケーションをとる時のコツを教えてください。

うーん、私にもよくわかりません(笑)。ただ、相手の人が私たちに何を訴えたいのか、上手に聞いてあげることでしょうか。とにかくしっかり「聞く」ことが重要ですね。意見を押しつけることなく、聞いて、きちんと返事をしてあげること。私はこの仕事を始めて今年で35年になります。35年前はゼロからスタートしたわけですが、最初は税法の知識や技術で自分を売りこみました。けれど今の時代、お客さまの一番の悩みは「もうからない」ということ。だから経営者の悩みを聞いて、経営というものを教えていく活動をするようになったんです。経営に関するセミナーをはじめ、人の教育、従業員教育などについてもお話ししています。人の教育って、どんなことをすると思います?

●…あいさつとか?

そう、そうなんです。基本的なことをきちんとやりましょう、ということからスタートするんです。「凡事徹底(ぼんじてってい)」という、あたりまえのことを徹底してやりましょうという教えがあって…約束を守りましょう、時間を守りましょう、早寝早起きをしましょう、整理整とんしましょう、後始末をしましょう…と基本的な日々の営みをちゃんとするようにアドバイスするんです。あたりまえのことができていないから、いろんなトラブルが生じる。だれもが知っていることなのに、できていないんですよね。経営というのは、基本的なことができていれば、ほとんどの場合うまくいくのに(笑)。ではどうすればできるようになるか、ということを勉強することもあります。もちろん、相手は経営者の方々ですから、アメリカのキャプラン教授が開発した「バランスト・スコアカード」を使った経営の手法など、専門的なこともお話しします。

 

●なぜ、しようとしないのでしょう?

ほんとにねぇ(笑)。人間というものは、非常に矛盾しています。税理士さんたちもここで経営の勉強をするんですが、私がしているような活動を「先生だからできるんですよ」「私たちにはできません」と決めつけるんです。何もむずかしいことは言っていないのに。凡事徹底ですよ、と言っているだけで簡単なことだと思うんですけどね。実際は、おじいちゃんおばあちゃんはどういう人だったか、どんなご両親に育てられたか、というような人の成育の歴史に課題があるようで、その人の潜在意識が邪魔をしちゃっているんですね。税理士さんなら、それだけの能力を持っている。もっと色々できるはずなのに、もったいないですよねぇ。

●人として、という部分が大切なんですね。

人が仕事をするにあたって必要な能力が3つある、と思っています。ひとつは体力、健康です。次は、技術や技能。私たちの場合は税法だったり、パソコンの操作など。3つめは人間力、人格ですね。この3つを常に高めていく努力が重要です。経営者に限らず、だれもが技術・技能だけを重視しますが、それだけでは片手落ち。さきほどの「凡事徹底」にも通じることですが、あいさつをすれば気持ちいいし、約束を守ってもらえたら気持ちいいでしょ。人間には弱い面がありますが、早寝早起きをすることで行動力もつくんです。ささやかな積み重ねが大事なのだと思います。

 

●ご出身は、太子町なのですか。

生まれも育ちも神戸です。西部劇でも、みんな西へ西へと流れていくもの。それと同じですよね(笑)。高校まで神戸で、大手の企業に3年勤めて、サラリーマンをやめて、姫路で建築関係の仕事をしていました。ある日、屋根から落ちてケガをして、1年半ほど入院したんです。その間に、税理士の資格をとりました。私の人生にはいろんなことが起きまして…今の職業で7つめです。野菜を積んで、リヤカーでひいてまわる八百屋さんの経験もありますよ。税理士になりたいという夢は、高校時代から抱いていました。大学には行かせないと親から言われていたので、一人前の人間として生きていくためには資格をとっておいた方がいい、と考えたんです。その時に、税理士がいいと。仕事がいそがしくて勉強していなかったのが…神様の采配なんでしょうかね、屋根から落ちてしまったことで、学ぶ時間ができたというわけです。

 

●お客さまは、太子町にある企業さんが多いのですか。

そうですね、だいたい半分くらいが、太子町内。たつの税務署管内にある企業です。

●税理士というお仕事は、天職ですか。

はい。今は天職だと思っています。私の使命は、お客さまを永続発展させること、この地域を元気にすること。1978年に税理士事務所を設立し、1982年に「関与先の永続発展と地域社会の発展に貢献する」というミッションを掲げて以来、これまで揺らぐことはありません。「おかげで、会社が立ち直りました」「ありがとう」と感謝の言葉をいただけるのは本当にうれしいことです。

 

●あらためて、事業内容を教えてください。

まとめると、経営のあらゆる相談ごとを承ります、ということです。企業が存続していくためにはリスクも多々あります。税金も一種のリスクですし、倒産、従業員の使い込み…など本当にさまざまなんですよね。そういうことから守るためのアドバイスもしているので、経営に関するあらゆる相談を引き受けていると言えるんです。「うちの息子にお嫁さんを…」というご相談もありますし(笑)。こういうことは、税理士でなければできないことです。

●税理士と公認会計士の違いは何ですか

まず、税理士法と公認会計士法という法律が異なります。公認会計士の仕事は、企業が作成した決算書が正しいかどうかを監査すること。税理士は、税金の申告書をつくったり、税金の相談を受けること。公認会計士は、税金の申告書をつくったり相談を受けてはいけないことになっています。公認会計士は監査だけでごはんを食べていけないので、税理士登録もしている、というパターンはありますね。公認会計士から税理士になる人はいますが、税理士から公認会計士になるケースはほとんどないと思います。

 

●税理士さんには、7つ道具みたいなものがありますか。

7つもありませんが(笑)…パソコン、電卓、記録をとるための用紙、筆記具、携帯電話、税法について詳しく書かれたハンドブックですね。相談を受ける時、その場で数字などを入力して、すぐに見ていただきます。目で見ることで、お客さまも頭の中を整理できます。これからに生かすことができるんですよね。

●座右の銘を教えてください。

「我 事において後悔せず」、宮本武蔵の言葉です。他には「人間万事塞翁が馬」、仏教でいえば「諸行無常」というのも。人生、いい時があれば悪い時もあり、なにが起こるかわからないものです。

 

●これからチャレンジしたいことは?

現在は太子町の他に、神戸市中央区と長田区に営業所があります。ゆくゆくは兵庫県内すべてをカバーできる拠点を持つのが理想です。ネットワークを広げることで、中小企業にきちんとしたサービスを提供し、さらに発展してもらいたい、そういう状況を拡大したいと願っているんです。お客さまの悩みに応えられる税理士が増えたら、最高ですよね。企業がすこやかになることで、経済全体もよくなりますから。

 

ありがとうございました!

 

…………………………………………………………………………………………………………………… 

兵庫太和税理士法人

住所:〒671-1523 兵庫県揖保郡太子町東南737-389

Tel:079-277-3499

Fax:079-276-3932

Mail:yoshida-masayuki@tkcnf.or.jp

営業時間: 8:00~17:00

定休日:土・日曜、祝日

HP:http://www.hyogo-taiwa.com/pc/

  

TOP