婦人服・雑貨専門店

シーシーチャオ

レディースファッション専門店。1年に7回ほど、旬にこだわって海外で買い付けをおこなうという商品群は、大型店舗にない個性的なバリエーションが特徴。30~40代の女性をメインターゲットに、柄やカラー、素材に至るまでさまざまなテイストのアイテムがそろう。店名は「やぁやぁ、こんにちは」という意味のイタリア語。太子店、龍野店、今宿店の3店舗がある。運営は、有限会社アクト。

  

BACK

 

オーナーの改發栄作さんに、お話をうかがいました。

……………………………………………

改發さんが大切にしている言葉。

どんな人生にも無駄はない

……………………………………………

 

 

●「シーシーチャオ」という店名の由来を教えてください。

「シー」はイタリア語で「ハイ」、「チャオ」は「こんにちは」。だから「やぁやぁ、こんにちは」という感じですね。20年ほど前に、「ロミオの青い空」というアニメがあって、そのエンディングテーマが「シーシーチャオ」という曲名だったんです。開店するにあたり、店名を何にしようかと考えている時に、「シーシーチャオはどうかなぁ」という話になって、それがいい、それにしようと。イタリアファッションを扱っているわけではないんですけどね(笑)。

●婦人服と雑貨のお店なんですね。

はい。レディースウエアを中心に、バッグや靴などの雑貨も扱っています。少しだけ、メンズアイテムも。お客さまは30~40代、団塊ジュニアと呼ばれる世代が多いです。お店をオープンしたのが18年前で、そのころに20代だった方々。リピーターさんが多いです。中には、中高生がお母さんと一緒に来られたり。70代の方もいらっしゃいますし、客層は幅広いと言えますね。

 

●商品を仕入れる際の、ポイントは?

海外での仕入れが中心で、他のお店にはない品揃えをしています。トレンドを重視しながら、個性的で自分らしいファッションをアドバイス。それぞれのショップのコーディネーターが、お客さまに似合うコーディネートをご提案しています。

●ご近所のお客さまが多いのですか。

太子、たつの、網干のほか、宍粟や赤穂、姫路市内などからも来られます。太子町は私の地元。3年前にこの場所を選んだのは、たまたまここがあいたから。もともとはこの近くで15年くらい、お店をいとなんでいました。15坪ほどの小さなお店で、新しい道ができたために裏通りになってしまい、売り上げも来店客数も減って、困っていたんです。そんな時、ちょうどこの物件があいて。自分たちで照明をつけた他はそのまま借りることができて、ラッキーでした。前は美容院だったそうです。窓も大きいし、鏡もはじめからあったので、本当にちょうどよかったなと。

●ずっと、ファッション関係のお仕事をされているのですか。

若いころは、アパレル会社に勤めていました。その後、紆余曲折あって(笑)、お店を開くことになりました。家内はもともと、銀行員。販売と仕入れ、すべてを担当しています。僕はその他のこと…商品の配達や雑用などを何でもするという役割分担。完全に裏方ですね。ファッションが好きかと言われると…はい、まぁそうです(笑)。

 

●どんな時に、やりがいを感じますか。

家内やスタッフは、接客して、気に入ってくださって、喜んでもらえる瞬間が最もうれしいんじゃないかなぁ。次に来店してくださった時に「あの服、よかったよ」と言ってもらえるのも喜びですよね。お友達を連れてきてくださったりと広がっていくたびに、やりがいを感じます。

●今、いちばんおすすめのコーディネートを教えてください。

外から見えるディスプレイはすべて、おすすめです。ウインドーの前をわざわざ通って、じっとご覧になるお客さまもいらっしゃいます。お客さまから「ボディーに着せているコーディネート、いつもかわいいわね」と言っていただくことも多いので、こまめに着せ替えをしています。いま売れているのは…本当にいろいろ。今年(2013秋冬)のトレンドは…柄ならチェック、色はブルーからネイビー、ボルドー系やワインレッド。アイテムなら、タイトスカートです。お客さまの年齢層もさまざま、お好みもさまざまではありますが、きっと何かいいものは見つかるんじゃないかと。それが、当店の特徴なのではないかなと思っています。

 ●靴もあるんですね。サイズ展開が大変そうです。

確かに、そうですね。でも、おしゃれをするのに靴は重要です。ひとつのショッピングセンターには、靴屋が1店舗か2店舗しか入っていません。お店自体が少ないので、全体としてはお客さまが少なくても、靴屋にはお客さまが集まっていることが多いんです。靴の需要は、大いにあると思いますよ。

●ネット販売は、されていますか。

以前はしていたのですが中途半端だったので、やめてしまいました。今後は何らかのカタチでやっていこう、と思っています。自社のサイトをつくって、Facebookかアメーバブログで運営するような。僕はあまり得意ではないので、スタッフに担当してもらえたらいいなぁと。

 

●毎日、心がけていることはありますか。

掃除はすみずみまですること、です(笑)。

●大切にしている言葉を教えてください。

「どんな人生にも無駄はない」です。言葉じりが少し違うかもしれませんが…(野球の)野村監督がおっしゃったんです。どんなことにも意味があるというような意味ですよね。最近、紳士服のアオキの社長さんが『何があっても、だから良かった』という本を出版されました。つらいことや失敗があったから今がある、後悔してもしょうがないんですよね。「アドバンス・トゥ・ザ・フューチャー」というフレーズも前向きで、好きです。

 

●ご趣味は?

たまにしか乗りませんが、自転車です。昔はいろいろやってたんですが、今は週に1日しか休めませんし…趣味は仕事なのかもしれません(笑)。

●これからの展望を教えてください。

15坪のお店で18年間、この場所に移ってきて3年目。バックヤードも合わせて全部で65坪という面積に拡大して、まだ使い切れていない部分が多々あります。立地的にも恵まれているので、このお店をさらに発展させていきたいですね。

 

ありがとうございました!

 

……………………………………………………………………………………………………………………… 

シーシーチャオ

住所:〒671-1522 兵庫県揖保郡太子町矢田部88

Tel:079-277-6906

Fax:079-277-6906

Mail:sisiciao@leto.eonet.ne.jp

営業時間: 11:00~20:00

定休日:無休

  

TOP