東芝ストアー

太子オーギヤ電機

大型テレビや洗濯機、冷蔵庫、炊飯器、電子レンジなど東芝製品の取次・特約店として、電化製品の販売や電気関連の修理をおこなう「まちの電気屋さん」。修理は東芝製の家電以外でも快く応じてもらえるうえ、電話1本で駆けつけてくれる細やかな対応が古くからの顧客の信頼を集めている。太子町の中心部で50年以上、電化製品を通して人々の暮らしを支える頼もしい存在。

  

BACK

 

代表取締役の八木康弘さんと奥様の紀子さんに、お話をうかがいました。

……………………………………………

八木さんが大切にしている言葉。

健康

……………………………………………

 

 

●お店はいつから?

創業して51年になります。私が25歳の時に、この場所でお店を開きました。ここから少し北にあるたつのの生まれなんですが、太子町には東芝の工場があって、東芝の従業員も多いから需要があるだろう、と考えてこの地を選んだわけです。それまでは、兄と一緒にたつので電気店を営んでいました。ラジオの時代ですね。家内とはこの店を始めた時からなので、もう50年以上のつきあいになります。

 

●オーギヤさんという店名は、八木さんというお名前から?

たつののお店が、オーギヤという名前でした。向こうは「たつのオーギヤ」、こっちは「太子オーギヤ。」オーギは末広がりの扇のことです。オーギヤのヤは、○○屋と言う時の屋です。

●東芝製の電化製品を扱っておられるのですか。

ええ、主力は東芝です。昔、太子町と姫路に東芝の工場があったんです。20年くらい前、最盛期には工場で働く人たちが8000人くらいはいたんじゃないかなぁ。8000人の従業員にはそれぞれ家族がいますし、東芝製品を買われるお客さまも相当多かったんです。かつてはテレビのブラウン管や蛍光灯をつくっていたんですが、今は液晶テレビやLEDに変わってしまいました。太子町や姫路の工場では液晶をつくっていないので、工場で働く人たちは2000人ほどに…ずいぶん少なくなりましたねぇ。

 

●売れ筋は何ですか。

これ!というのはないですねぇ。エコポイントが適用されていた時は、テレビばかりが売れました。今では、テレビはほとんど売れませんから、次の買い換え時期を待たないとしょうがない(笑)。5年ほどで買い替える方もいらっしゃいますが、だいたい10年後くらいかなぁ。年中売れるのはエアコン、冷蔵庫や洗濯機などの白物家電も需要があります。これからの季節はやっぱり暖房器具。といっても、東芝は暖房器具を製造していないので、他のメーカーのものなんですが(笑)。火鉢型の石油ストーブ、めずらしいでしょ。お茶を飲んだり、部屋の湿度を保つためにお湯を沸かすことができるんです。火力があるので、鍋もできますよ。炊飯器はすべて東芝製。3万円までのものがよく売れますね。東芝の炊飯器はおいしいですよ。土鍋の性能を持った内鍋とかね。なつかしいデザインのジャーもあります。東芝は大型の冷蔵庫しかつくっていないので、小さいサイズはパナソニック製。ちなみに、我が家の家電はもちろん、すべて東芝製です。

●事業内容を教えてください。

東芝の電化製品の販売や配達、電気関連の修理をおこなっています。カセットデッキやビデオデッキ、こたつ、ファンヒーターなど、たいてい何でも修理しますよ。その場でささっと直すこともありますし、手がかかりそうならお預かりします。大型家電はさすがに修理できないので、メーカーさんにお願いしますけど(笑)。修理は、東芝製品以外でもお引き受けしています。お客さまとの信頼関係があればこそ、ですね。従業員は4人です。ずっと、この規模でコツコツやってます。

 

●お客さまは、太子町の方が多いのですか。

そうですね。何十年ものおつきあいです。世代交代で、若い人たちは太子町から出ていかれます。うちのような家電専門店で買い物をせずに、いろんなメーカーの商品がそろう量販店で購入するんですね。我々のような小さいお店では、東芝製に限ったとしても全商品を扱うことはできませんから、とても太刀打ちできません。

●大型店と、まちの電気屋さんとの違いは何ですか。

大型店のような品ぞろえはできないけれど、うちのような小さなお店では、お客さまのご要望に合わせたていねいな対応が可能です。ただ、どうしても商品の価格差が出てしまう。特に若い人たちは、まちの電気屋さんの方を向いてくれないんですよね。さらに、私が年をとった分、長いおつきあいのあるお客さまもご年配になってきました。ひとり暮らしの方や、子どもさんが独立されたご年配のご夫婦から、「蛍光灯や電池を変えてほしい」と依頼されることも少なくありません。電話1本で駆けつけて話をうかがっているうちに、あれも直したい、というような話が出てくる。冬になれば、ファンヒーターや電気ストーブ、こたつが要るなぁとかね。御用聞きのような仕事です。

 

●お商売を始めてから、心がけていることはありますか。

新商品が出た時はもちろん、特に用事がない時でも「こんなの出ましたよ」「どうですか」とこまめに足を運ぶようにしています。大型製品は特に、1度や2度の訪問では決まらないこともけっこう多い。「考えとくわ」と言われて、数日後に「買おうかな。相談にのって」と言ってもらえると、よかったなと思います。当然、「今回は見合わせるわ」と言われる時もありますし、実に根気のいる仕事です(笑)。

●お客さまひとりひとりの家族構成、生活習慣などを細かく覚えているわけですね?

そうですそうです。長くおつきあいしていると、お客さまの事情が色々とわかってきます。積み重ねてきた信頼関係があり、家にもあげていただいて、台所やお部屋も見せてもらっていますから。昔は「東芝の製品がいいわ」というお客さまが多かったんですが、今はそうじゃあない。若い人たちは、デザインなどが好みなら、どこのメーカーでもいいようです。そうなると、うちのような店では物足りないことでしょう。でも、若い人がいつか「そういえば子どものころ、うちには電気屋さんがよく来てくれていたなぁ」と思い出してくれたら、うれしいですね。

●朝8時から晩の8時まで、大変なお仕事ですね。

年齢に見合ったリズムなので、ちょうどいいんです。昔のようないそがしさだと、とっても追いつけない。神様はうまいこと、してくださっています。人の仕事には手を出さないし、余計なこともしません。人のことを気にしないのは、腹を立てない秘けつです。

●ところで、夫婦円満の秘けつは何ですか。

何も言わないことですね(笑)。むやみに腹を立てないこと。何も言わなくても、お互いにわかっているんです。お腹の中でもやもや思っていてもしょうがない。おかげさまで今日も元気ですごすことができました、と思えばいいんです。

●毎日続いている習慣はありますか。

毎日、1時間歩いています。閉店後、夜の8時から9時まで、ひとりで(笑)。60歳になってから始めたので、15年くらい続けています。体は一番の資本ですからね。1日終わったら、やれやれと思います(笑)。年をとると、今日も元気でいられたということに感謝したくなるんです。

●これからチャレンジしたいことは何ですか。

最近は太陽電池パネルを設置したり、リフォームも盛んなので、そちらへシフトしていかなくてはならないなぁと。当店が窓口になって、施工をおこなうのは東芝さんや業者さん。太陽電池パネルの受注は、年々増えています。また、若い人にもお店に来てほしいけど、東芝はあまり新しい製品を出さないから…むずかしいでしょうね。それでも、体が自由に動く限りはお店を続けていこうと思っています。

 

 ありがとうございました!

 

……………………………………………………………………………………………………………………… 

太子オーギヤ電機

住所:〒671-1561 兵庫県揖保郡太子町鵤1329-29

Tel:079-277-1221

Fax:079-277-4869

営業時間: 8:00~20:00ごろ

  

TOP