米、播州そうめん揖保の糸

まぶち米穀店

魚沼産コシヒカリなど全国の各種銘柄米をはじめ、ブレンド米は兵庫県産や岡山県産の米を農家から直接仕入れている、お米のセレクトショップ。精米に時間をかけ、粒のサイズをそろえるなどのこだわりが。特においしいとされる品種や産地の米を1合ずつ購入できるコーナーが登場、食べ比べができると評判。昔ながらの配達をおこない、顧客とのコミュニケーションを大切にしている。播州特産「揖保乃糸」の取り扱いもあり。    

  

BACK

 

真渕展明さんに、お話をうかがいました。

……………………………………………

真渕さんが大切にしている言葉。

行動は雄弁である

……………………………………………

 

●創業はいつですか。

祖父がお米を売り始めたのは戦時中、配給の時代だったと聞いています。本格的に米穀店を始めたのは、僕のおやじ。お店の場所は開業当時と変わりませんが、建物は15年前に建て替えました。親から継いでほしいと言われたことはなく、継いだのは自然の成り行きでしたね。27歳のころだったから…もう8年になります。

●配達をなさっているんですよね?

はい、今でも昔ながらのスタイルで配達をおこなっています。10kg単位で購入してくださる方が多く、そうなるとやっぱり重たいですから、配達を希望なさる方が多いです。年配のご家庭だけでなく、30代以上のファミリー層からも依頼されますしね。

●配達の注文は、電話で?銘柄が決まっているのでしょうか。

そうですね。お電話をくださるお客さまは、だいたいいつも同じ銘柄を指定なさいます。秋の収穫シーズンをすぎ、冬を越して春になると、お米の味が落ちてしまうので、あたたかくなったら、押しつけにならない程度にひとつ上のランクをおすすめしています。僕は、1人でも多くの人に、お米をおいしく食べていただきたいので。

●今、ちょうど新米の季節ですよね。今年はどの銘柄がおいしいですか。

うーん、むずかしい質問ですねぇ。当店で取り扱っている品種は大まかに分けると4~5種類。これが一番!とは決められないですね。全国の銘柄米と、兵庫県や岡山県のお米を仕入れています。どこも同じ品種をつくっているので、差があるとしたら産地の違いによる味や食感でしょうか。お手頃価格のブレンド米は農家さんから直接仕入れているので、断然おいしいはずです。銘柄米は、その品種が一番おいしいとされている地域から仕入れています。お米の収穫は1年に1度だけ。本当においしいお米を食べていただきたいので、厳しく温度管理をおこなって、品質を保てるように努めています。

 

●お米の売れ行きはどうですか。一番人気を教えてください。

うーん、あんまり商売にならないですねぇ(笑)。こういうご時世ですから、どこの業者さんも似たような状況なんじゃないでしょうか。一番人気は富山のコシヒカリです。それ以外ではお手ごろなブレンド米も人気です。お米をひと升(1合)ずつ販売する食べ比べコーナーを設けたので、好みの味を知るために、あれこれ試してもらうこともできますよ。日本でおいしいとされている品種の中で食味ランク特Aのものを選んでいます。一番はやはり、魚沼産ですね。

●毎朝、お米を食べているんでしょうね。

いいえ、残念ながら(笑)。お米はもちろん好きですが、僕はパンも好きなんです!お米の中では、あきたこまちなどのかためが好み。高級ブランドとして名高いコシヒカリは、やわらかいお米です。さっき、お米を毎朝食べてないと言いましたが、ブレンド米の味見はもちろん毎日していますよ。

 

●精米機を見せてほしいのですが。

お店の隣に、精米スペースがあります。精米には時間をかけて、異物や未成熟米をていねいにはじき、粒のサイズをそろえるなど、細やかな仕事を心がけています。お米のサイズを整えると、炊きあがりのツヤと味に違いが出るんです。

●お米の消費量は減っているのですか。

減っていますね。世の中にはいろんな食べ物がありますから。ごはんだけで食卓が成り立つ品種があればいいなぁと思います。さらに、そのお米を一段とおいしく炊き上げられたら最高ですよね。農家さんと農協さんに品種改良をしてもらって、僕はおいしい炊き方や食べ方を伝えていきたい。

 

●お米をおいしく食べるコツを教えてください。

時間どおり、しっかり水につけることです。夏場は水温20℃で30分、冬は水温5℃で120分。土鍋で炊くとおいしいのですが、最近の炊飯器は優秀ですから大丈夫。1年のうち、気温が上がる4月からはお米の味が変わってしまうので、保管する際には冷蔵庫の野菜室に入れるなどして、12℃~15℃以下に保ってくださいね。

●それはそうと、トークがお上手ですよね。

コミュニケーションの重要性を、年々実感しています。しゃべることって、商売の基本だと思うんです。昔からのお得意様である、おじいちゃんおばあちゃんにご利用いただくことも多いですしね。大きなお店ではない分、きめ細かい対応が求められているなぁとも思います。

●これから、チャレンジしたいことは何ですか。

お米だけでお腹いっぱいになるようにしたいですね。具体的なアイデアはまだ無いのですが、ごはんだけで食事が完結するようになれば、お米が売れるだろうなと(笑)。とにかく3食すべて、ごはんを食べていただきたいなぁ。僕は、朝はパンですけどね(笑)

 

ありがとうございました!

 

……………………………………………………………………………………………………………………… 

まぶち米穀店

住所:〒671-1524 兵庫県揖保郡太子町東保11

Tel:0120-392-555(フリーダイヤル)

Fax:079-277-2556

Mail:mabuchi-beikoku@cotton.ocn.ne.jp

営業時間: 9:00~19:00

定休日:日曜・祝日

HP: http://www.mabuchi-beikoku.com/index.html

  

TOP